For と To

普段、何気なく使っている“For”と“To”。でも、ふと今日疑問に思っちゃいました。使い分けの定義みたいなものってあるのかなあ、、、と。

例えば、
It's important for me to do something(形式的主語で使われる)
The news is known to everyone(<その知らせはみんながしっている>と、いった方向性を示す時)

のニュアンスはわかるんですが、色々と話す中で、“ん?to がいいのか??それとも for??”とこんがらがるときもしばしば、、、。感覚的に使っていただけに、いざこの疑問がわくと、“どつぼ”にはまりつつあるのです。
自分の中でのイメージは、、、

“To”は、、、

   ○(人、事、物)----------→●(私) 

   といった“対して”といった感じ。

“For”は、、、
   
  (  (  ●  ○  ) )

   といった“にとって”といった感じ。
 
(わかりづらいですよね、、、(--;))

You're everything to me(ジーニアスから)はfor meじゃ変??

ん~~~、考えるにつれ、難しく考えていく自分が、、、(--;)
よし、とりあえず寝よう。うん、そうしよう、、、。

何か、いいイメージ、ニュアンスがあれば教えてくださいm(_ _)m

コメント

自分なりに、、、

ですよねえ、、、。日本人の感覚との違いを、“もの”にするには長~~~~い道のりかも、、、(^^;)
私も、話す際に、これはこの関係だから、“FOR”で、、、とかいちいち考えないですもんね。ほんと“感覚”で使い分けてるという感じですし、だから今回理論的に考え始めると、、、、、あははははは、、、(^^;)の状態になるんですねえ、、、お仕事で日常使われているNophooさんも色々な疑問に出くわしたりするんでしょうね。(<英>と<米>で使い方の違いも、私は苦手です(笑))
上に書いた、You're everything to meっていうのも “To”<<関係を意味するもの、、、として自分なりに解釈しているんですが、(つまり、あなたは私には<関係は>全てなんです)、、、。でも、つい“FOR”を使っちゃいそうです、crazy for you みたいに(笑)

前置詞は難しい

Rosilyさん、おじゃまします。
本当に前置詞が一番難しいと私も感じています。
It's important for me to do something. もto 以下がなければ、It's important to me. ですからね。

convenient などは、英米で違ったりしますね。英はto meで米はfor meですね。(~_~)

辞書の事例で My wife is everything to me. なんてのを発見してしまいました。使ってみたいですねぇ。でも負担に感じるのでしょうね。日本の女性の場合には。でも、My wife is nothing to me. とは言って欲しくはないのかも・・(^^)

気にしないで~~~っ

早速、お助けコメント有難うございます。後で、ブログにお邪魔しますね(^^)
名前、バンバン出しちゃってください(笑)

あ、もうっ、Emiさんったら(^^)Emiさんの意としていることはちゃんとわかってましたよん!なんか、逆に気を遣わせてしまいましたね、、すみません(^^;)

ごめんなさい! 取り急ぎ! 記事を書きました。ちょうど生徒さんからも同じ質問をいただいて、先日プリントを配ったところだったので。Rosilyさんのお名前も勝手に出しちゃった! 事後報告でゴメンなさいね^^; それから昨日のお化粧の件、ほんとに Please don't get me wrong! よ~。 若くてお洒落センスのあるあなただから、化粧しない習慣の生活は厳しいかもって言いたかったの....。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
FC2ブログランキング
応援クリックお願いします(^^) 励みになります♪       

FC2ブログランキング

フリーエリア
Author: VibrantRose TOEIC 925 (2017.4)

最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク